続・風の歌を聴きたくてスペインに来たのです

運と縁に導かれて、2017~18年にかけてMBA生としてスペイン・バルセロナにて暮らしていた人のブログ

成績

9月中に履修したElectiveクラスの成績がやっと発表されまして、何とか、卒業が確定していることを確認できました。本当に確定なのかちょっと不安もあるけれど、見間違い&数え間違いがなければ、卒業に必要な単位は足りている・・・はず。

 

Transcriptを見ても、卒業には何単位必要で、自分は何単位取得済みか。という肝心なことは記載がないので、入学時にもらったSurvival Guide(必要単位数を記載)と、Transcriptに記載の単位数を数え上げたものとを比較したうえで、”おそらく”単位は足りている、という状況。

 

 

ESADEの成績のつけ方ですが、絶対評価としては10点満点で、0.1点刻みで各クラスの成績が出ます。5.0点以上で単位ゲットです。点数が発表されると同時 or 1ヵ月ほど経った後、ABC順の相対評価(EかFくらいまであったかな?)が発表されます。

 

ちなみに、IESEさんだとかHBSのように、成績下位者は1年目の終わりで強制退学、というシステムは持ち合わせていません。かつ、ESADEはグループワークをかなり重視しているので、よっぽどのことがない限り(i.e. グループ単位のレポートを提出するにあたって、チームメートの誰かが他のチームの内容を丸パクリ。それが学校側にばれて、チーム全体のレポート点数ゼロ、など)、ひどい成績はつかない傾向にあります。なので、普通に授業を受けていればaround 7点は取れます。

7.0/10.0って、悪くないよね?と思われるかもしれないけど、平均7点だと、おそらく、学校全体での成績順は下から3割くらいに入ってるかもしれません。8.0前後でも、全体では真ん中より下です。

 

なお、全体の成績順が発表されるのは1st termだけなんですが、久しぶりに模試後の高校生みたいな気分が味わえますよ。