続・風の歌を聴きたくてスペインに来たのです

運と縁に導かれて、2017~18年にかけてMBA生としてスペイン・バルセロナにて暮らしていた人のブログ

朝派 or 夜派。からの、サンクコストバイアス

勉強時間をいつ確保するか、というお話。

 

僕は、昼休み&会社から帰って(=夜)という、至って普通の?時間帯に勉強してました。

 

最近、コロンビアを卒業した友人と話していたんですが、彼女は、まず会社から帰ってきたら2-3時まで寝て、そこから会社に行くまで勉強してたそうな。家族もいる中、その時間帯に勉強するのは凄いですよね。だって、2-3時ごろに目覚ましがなっちゃうんで、そのたびに家族もきっと目を覚ますんじゃないかと思うんですよ。

 

しかも、もし朝(深夜)派の場合、もしも寝過ごしたら、その日の勉強はゼロですからね。もちろん、留学準備中って気を張っていることが多いので、そうそう寝過ごしたりはしないんだろうけど。

 

ただ、頭のすっきり度合いという観点では、そちらの方がbetterなんでしょうけどね。正直、昼休みの勉強中も、夜11時頃の勉強中も、ただただ超眠かった、という記憶ばかりなので。

 

・・・でも、そう思っているのなら、数週間、早朝に起きて勉強をしてみる、という生活をなんで試してみなかったんですかね?自分。なかなか能率が上がらないかも、と思ったら、別のルーティンを試して、PDCAを回すべきだったんですよね。

 

サンクコストバイアスってやつかね、これ。もう何か月かこういう勉強習慣を貫いてきたし、あと数か月で結果(点数)を出したいし、これから新しいことに挑戦しても・・・。という、今思えば、過去に引きずられた近視眼的行動をしてしまって、勉強法に限らず何かと損をしてしまったなと反省しています。TOEFLにこだわりすぎて、IELTSを頑なに拒否していたのも同様の心理でしたし。

 

というわけで、今留学を目指して勉学に励まれている皆様は、僕と同じ轍を踏まぬよう、中長期的な視野を持った行動をお勧めします。