続・風の歌を聴きたくてスペインに来たのです

運と縁に導かれて、2017~18年にかけてMBA生としてスペイン・バルセロナにて暮らしていた人のブログ

ESADE

先日のブログで触れましたが、10月に日本に帰ってきました。ということは、1年制プログラムを有するビジネススクールということですね。Barcelonaで1年制プログラムを有する学校って、一校しかありません。

 

・・・はい。僕はESADEのアラムナイ(仮)です。IESEさんの学生だと、この時期じゃなくて、春先の卒業ですからね。と言うわけで、過去のエントリーを見られる際は、「ESADEのことを語ってるんだな~」という目線を持っていただけると幸いです。

 

さて、スペインでMBAと言えば、IE, IESE,そしてESADEが御三家?で、ランキングで言うと、悔しいですが、ESADEが他2つに劣後します。

 

そんな中、なぜESADEを選んだか。一番の理由は、1年制のプログラムを志望していたこと。この時点で、IESEはoutです。

 

同じ1年制のIEとESADEで何が違うか?

プログラム内容や質など色々ありますが、ソフトな面で言うと、夏休みの有無でしょうか?笑 IEは7月末には卒業式があるので、まとまった夏休みがない一方、ESADEの場合、1年制プログラムの場合でも、8月中はしっかり夏休みがあります。これは、家族で旅行を楽しみたいという願いを持っていた僕にとっては大きなポイント笑

もっとクリティカルな要素はたくさんありますが、ESADEに進学した緩い理由としては、one of the important points.

 

なお、上記で「アラムナイ(仮)」と書いたのは、正式な卒業式は来年3月末開催だからということと、最終授業~成績発表までに約2ヵ月のラグが生じること、という2点です。もし単位を落としてたら、年明け~春先にかけて、レポート等で対応することで単位をゲットする予定です。

 

卒業明けすぐにがっつりと働き始めた中、今更、3,000 wordsでレポート書いてね、と言われて対応できる気がしないので、単位が取れていることを祈るばかりです。