風の歌を聴きたくてスペインに来たのです

スペインについては全くの門外漢だったけれど、運と縁に導かれて、2017年夏からバルセロナにてMBA生として暮らしています。

親子で楽しむサンセバスチャン(+フレンチバスク) その2

その1(バルセロナ~オンダリビア着)からの続きです。

 

子連れ旅行という観点から、ボートに乗ってフランスに向かう作戦は成功。町並みを見回ったり、ボート乗り場を探し回ったりという時間は子どもにとっては退屈な時間なようで、ぐずり始めた子どものケアに我々大人も疲れきたタイミングで、ボートに揺られてフランスに行ったんですね。
おそらくボートに乗るのは初めてだったので、子どもにしても興味津々で、機嫌も持ち直してくれました。なお、20人程度のキャパシティを有する小さ目のボートでしたが、ベビーカーも折りたたまずそのまま乗船できました。もちろん、子どもの料金はタダで、大人も2人で3€くらいでした。タクシーを使って橋を渡ってフランス入りすることも可能みたいですが、コスト、時間、経験(子どもも大人も楽しめる)から、ボートの方がおすすめです。

 

んで、アンダイエに着いたものの、さほど見どころがあるわけではなく、おそらく唯一と言っていい観光名所が、港から車で10分ほどの丘に位置するアバディア城

 

城を目指すためにタクシーを探すのに手間取ったから再び子どもが退屈しはじめたけれど、城に入ればまた興味を持ってくれるはず!・・・と思って城の前まで来たところで、タクシー運転手が残念そうな顔で一言「今、オープンしてないみたい」。

 

平日なら午前12時まで開いてる公式HPにも書いてたのに、なぜ!?!?!

 

そう、ボートを乗る前に滞在していたスペイン/バスクは平日だったのだけど、ここアンダイエは、祝日だったのです。チーン。

 

第3回へ続きます。