風の歌を聴きたくてスペインに来たのです

スペインについては全くの門外漢だったけれど、運と縁に導かれて、2017年夏からバルセロナにてMBA生として暮らしています。

英語が通じる場所・通じない場所@バルセロナ

Class of 2020 (1年制だと2019) として合格を勝ち取った方が続々と増えてきている時期ですね。と同時に、複数のスクールに受かられた方は、今年の夏から、どこの街(学校)で過ごすのか決断を迫られる時ですね。

 

と言うわけで、「バルセロナのスクールに興味はあるけど、英語ってどの程度通じるの?」という方向けに、ざっと所感を書き連ねてみます。

 

※ディスクレーマー
以下は僕の体験だけに頼って書いているので、100%信用することは避けてください

 

携帯電話ショップ:原則通じない。簡単な英語を使おうとしようものなら「I don’t know イングレス」と言われて会話中断。ただし、カタルーニャ広場のエルコルテイングレス内に入ってるショップだけは英語使用可でした。おそらく、観光客が多いからかと。

 

郵便局:原則通じない。整理券の発行機は英語が書いてあったので、局員も多少は話せるかと思ったけど、そんなことはなかった。

 

スタバ:通じる。店内も人種が様々。ただし、地場のカフェなら€1-2でコーヒーを買えるのに、個人的には、わざわざスタバに行くインセンティブが働かない。

 

レストラン・カフェ:観光地を除くと通じない。もしくは、留学生が集うカフェ(日曜日も空いていて、wi-fiが繋がるカフェ)だと通じることが多い。SandwiChezとか。

 

エルコルテイングレス(百貨店):ほぼ通じるけど、場所(店舗)次第。カタルーニャ広場の近くの店が一番よく通じる。ディアゴナル通り沿いの2店は、カタルーニャ広場の店と比べると通じにくい。

 

スーパー:通じない。

 

マーケット(市場):通じない。ボケリアなら一部通じる。

 

ガス・水道・電気等のインフラ対応:通じない。これらの会社と話す=故障・不具合等、緊急の場合が多いかと思うので、スペイン語が話せる同級生に手伝ってもらいましょう。

 

駅:原則通じない。カタルーニャ広場駅サグラダファミリア駅なら通じる。プロベンサ(カタルーニャ広場駅の一駅先)だと通じたり通じなかったり。

 

 

こんな感じの日常なので、英語が通じないストレスは少々感じます。が、それと引き換えに、自然とスペイン語ボキャブラリーは増えていきます。スペイン語かと思ったらカタルーニャ語だったというケースも少なくないけど。そういう暮らしが楽しそうだなと思えばバルセロナを選んでいいと思いますが、英語力の向上に注力したいなら、バルセロナは微妙な選択になるかと思います。