続・風の歌を聴きたくてスペインに来たのです

運と縁に導かれて、2017~18年にかけてMBA生としてスペイン・バルセロナにて暮らしていた人のブログ

とあるスペインMBA生の一日

7時: 起床。子どももほぼ同時刻に起きる。起こされると言った方が適切かも。

 

7-9時: 家族と一緒に朝ごはん。子どもに気を配りつつ食事するので、味わって食べる機会ってだいぶ減ったなぁと感じる今日この頃。でも、そう感じる期間もあと数年しかないんだろうな。食後は、子どもと適宜遊びつつ、自分の身支度。身支度しながら、気が向けばEurope News, CNN等のLive newsをYoutTubeで見る。

 

9-10時: 登校。電車内でニュースチェック。なるべく英語に触れなきゃと思っているけど、どうしても日本語の記事を読んじゃう。FTかBloomberg読まなきゃ、と思ってるうちに降車する時間になるのがいつものオチ。

 

10-18時: 授業・グループワーク等。あんまり or 全く発言できなかった。。。と休み時間のたびに嘆息。

 

18-19時: 下校。クラスメイトと一緒に帰ったり帰らなかったり。日による。小腹の空いた同級生が車内でスナックやヨーグルトや豆類を食べる姿をたまに見かける。車内でヨーグルトかよ。家からわざわざ銀製スプーン持ってきてるし。

 

19-21時: 子どもをお風呂に入れたり、一緒にご飯を食べたり、寝る間際まで遊んだりして過ごす。ちなみに、スペインで19時に夕食って超早い。19時だとまだ開店してないレストランも多い。

 

21- 0 or 1時: お勉強。プレゼン直前だと、2時頃まで起きていることが多い。

 

きっとアメリカのB-Schoolに行っている友人より、規則正しく人間らしい生活をしておるのでしょう。会社員時代よりも睡眠時間長いし。

ただ、子どもがいない同級生の話を聞くと朝 or 夕方~夜にジムに行ったり走ったり、ことあるごとに飲みに行ったりしてる。うらやましい。けど、子どもと過ごす時間も削りたくない。

 

子連れ留学生は、概ね、

①なるべく子どもとの時間を取ろうとして上述のような感じで悩む

②勉強もリクルーティングもネットワークも大事だし・・・と何もかも全力で取り組む結果、子どもと過ごす時間が短くなり、パートナーから白い目で見られる

のどちらかに分類される人が多いのではないかと思うんですが、どちらをとるかはdepens on you!!