風の歌を聴きたくてスペインに来たのです

スペインについては全くの門外漢だったけれど、運と縁に導かれて、2017年夏からバルセロナにてMBA生として暮らしています。

経験とか消費とか

マーケティングのケース然り、ビジネスストラテジーの授業然り、様々な企業のビジネスの取り組み・商品が紹介されていて課題と解決策を探るわけですが、そのケースを読み込むことに加えて、各社の事業紹介ビデオをYouTubeで見たりすれば、その会社のことを、「何となく」、「ざっくり」とは把握できます。


でも、そういった表面的な情報だけ集めても、議論の場においてどうも納得感が出せないというか、手触り感のある話ができないな~と感じてます。

 

 

ネスレユニリーバの商品にはどういったものがあって、どんなパッケージで、スーパーで品物を手に取ったとき、目で見たときどう感じたか。例えばキットカットは他のネスレ商品と比べてどう差別化しているか。

・欧州の航空会社を比較して、ブエリングとルフトハンザは、空港でのサービス、飛行機内でのサービスがどう違うか、どう感じたか。同じLCCでもライアンエアーとブエリングのサービスに違いがあるか。あった場合、ユーザーとしてどう感じたか。

・ウォールマートは日本で西友としてどう展開しているか。店内の様子、品物の質はどうか。ウォルマートはカルフールとどう差別化しているのか。店員のサービスはどうか。

 

等々、上述のような話をリアルな経験を踏まえたうえで語ると、とても説得力がある。英語力が拙くても、経験談となれば、クラスメートもそれなりに聞く耳を持ってくれる。

 

そういうことを考える一方で、この留学中、同じスーパーに行って同じPBばかり買ってしまったり、いつもH&Mで服を買ってしまったり、ワインやカバを飲まずにビールばっかり飲んじゃったり、と、面白みのない消費体験をしてしまっている自分にふと気が付きました。

色んな商品を試して、色んな小売店舗に入って、色んな料理を食べて、色んな乗り物にのって、色んな場所に直接足を運んで、たくさんの経験をして、たくさんの「リアル」をクラスメートに共有できるようにしたいです。

 


そのためにも、「ケースを読むのが忙しいから、買い物よろしく」と、妻にお願いする回数を減らさねば・・・。