風の歌を聴きたくてスペインに来たのです

スペインについては全くの門外漢だったけれど、運と縁に導かれて、2017年夏からバルセロナにてMBA生として暮らしています。

星の有無

本日9/11はカタルーニャ州は休日。スペイン出身のクラスメイト曰く、各州が独自に定めた休日が年に1日あって、今日がその日に当たるとのこと。なので、学校も休み。

街を歩くと、カタルーニャ州旗を持った人たちをそこかしこで目にします。カタルーニャ州独立についての住民投票日が近づく中、グラシア方面でデモが開催されるみたいなので、皆さんそれに参加するのかな。

 

カタルーニャ州旗を持っている=独立賛成派だと勘違いしていたんですが、スペイン語クラスの先生から、星が付いていれば独立賛成派、星が付いていなければ独立反対派、という違いがあることを教わりました。バルセロナへの住民になってまだ1ヵ月半程度しか経っていないので、自分は正直どっちがいいのか見当がつかないです。仮に独立派が過半数に達したとしても、Brexitと同じく実際に独立への道は長く険しいはずなので。そもそもスペイン国政府自体が来る住民投票は違法だとみなしていたはずなので。


そんな理由で3連休が発生している今日この頃、秋の訪れを感じるようになりました。最低気温も15度前後になって、東京だと9月下旬に近いような気候。というわけで長袖シャツを買いたいのだけど(まだ船便が届いていないので・・・)、日曜・祝日は商業施設が完全に閉じちゃうんですよね、スペインは。なので、次の土曜日まで買い物ができないんです。明日から本格的にグループワークが始まるので、「早めにグループワークを切り上げて自分だけ先に買い物に行かせてもらいますわ~」というわけにもいかず、困ってます。手持ちの服で何とか4日間回すしかないのか。