続・風の歌を聴きたくてスペインに来たのです

運と縁に導かれて、2017~18年にかけてMBA生としてスペイン・バルセロナにて暮らしていた人のブログ

川上未映子風?な心境(テロその後)

バルセロナのテロから1週間経って落ち着いてきたこの街、いや落ち着くというか全く元通りになった様子であり、むしろ、言い方はおかしい、いや不適切と表現した方が合っているのかもしれんけど警察官の数が増えて安全になっているような気がするのです。

 

テロが発生したストリート、そう、ランブラス通りはキャンパスビジットでも渡航後も暫く居を構えていた場所であるから、今回の事件は他人事とは思えず心が晴れない日々が続いていたけど、犯人も皆逮捕ないしは射殺されたからね、心の靄がちょいと晴れた感じもするのでこうやって筆を取る。

 

そんな中であってもWhatsAppは元気に機能し続けていて、グラシアやアシャンプラでのぱーてーはテロ発生の翌日から毎日開催されているようであり、僕はあまり行く気がしないわけであるが、それなりの人頭が毎回集まっているようですよ。MBAの皆さんはお元気だ。来週のトマト祭も皆さんはっするするのだらう。