続・風の歌を聴きたくてスペインに来たのです

運と縁に導かれて、2017~18年にかけてMBA生としてスペイン・バルセロナにて暮らしていた人のブログ

2019年の目標

少し気が早いけど、2019年の目標について語ります。

 

ずばり、「表面的なMBA受験情報やテスト(TOEFL, IELTS, GMAT)、またはヨーロッパ旅行記ではなく、MBAを通じての学び、人生観、仕事観と言った自身のオピニオンの記事でアクセス数を稼ぐブログにする」ことです。

 

このブログを始めてから1年半以上経つわけでして、その中で、たまーに、自身のオピニオン何かも記してはいるのですが、それらの記事を書いても、全然アクセス数が伸びないのです。

このブログは、単なるMBA受験、そしてバルセロナ生活の備忘録として始めたわけではなく、実のところ、自身の軸なり夢の達成なりの一端を担う部分としての機能も果たしてもらいたいという思いもあるので、自分の思いについても稀に書くことがあるのです。

しかしながら、アクセス数が伸び悩むな、と思った際に実験的に、MBAランキングの記事を書いたりすると、ドカンとアクセス数は上昇します。

 

書きたい事と、読み手のニーズは異なるってことですね。ぐぬぬ・・・。

 

そうは言っても、目指すところとしては、かの有名な岩瀬さんの「ハーバードMBA留学記」です。このレベルに達するまで、文章の質を上げたいところ。コツコツ頑張ります。

岩瀬さんのブログ、もしもまだ読まれていない方がいれば、ぜひご一読を。書籍化もされてますが、ブログの方が編集無しで読めますんで。

成績

9月中に履修したElectiveクラスの成績がやっと発表されまして、何とか、卒業が確定していることを確認できました。本当に確定なのかちょっと不安もあるけれど、見間違い&数え間違いがなければ、卒業に必要な単位は足りている・・・はず。

 

Transcriptを見ても、卒業には何単位必要で、自分は何単位取得済みか。という肝心なことは記載がないので、入学時にもらったSurvival Guide(必要単位数を記載)と、Transcriptに記載の単位数を数え上げたものとを比較したうえで、”おそらく”単位は足りている、という状況。

 

 

ESADEの成績のつけ方ですが、絶対評価としては10点満点で、0.1点刻みで各クラスの成績が出ます。5.0点以上で単位ゲットです。点数が発表されると同時 or 1ヵ月ほど経った後、ABC順の相対評価(EかFくらいまであったかな?)が発表されます。

 

ちなみに、IESEさんだとかHBSのように、成績下位者は1年目の終わりで強制退学、というシステムは持ち合わせていません。かつ、ESADEはグループワークをかなり重視しているので、よっぽどのことがない限り(i.e. グループ単位のレポートを提出するにあたって、チームメートの誰かが他のチームの内容を丸パクリ。それが学校側にばれて、チーム全体のレポート点数ゼロ、など)、ひどい成績はつかない傾向にあります。なので、普通に授業を受けていればaround 7点は取れます。

7.0/10.0って、悪くないよね?と思われるかもしれないけど、平均7点だと、おそらく、学校全体での成績順は下から3割くらいに入ってるかもしれません。8.0前後でも、全体では真ん中より下です。

 

なお、全体の成績順が発表されるのは1st termだけなんですが、久しぶりに模試後の高校生みたいな気分が味わえますよ。

朝派 or 夜派。からの、サンクコストバイアス

勉強時間をいつ確保するか、というお話。

 

僕は、昼休み&会社から帰って(=夜)という、至って普通の?時間帯に勉強してました。

 

最近、コロンビアを卒業した友人と話していたんですが、彼女は、まず会社から帰ってきたら2-3時まで寝て、そこから会社に行くまで勉強してたそうな。家族もいる中、その時間帯に勉強するのは凄いですよね。だって、2-3時ごろに目覚ましがなっちゃうんで、そのたびに家族もきっと目を覚ますんじゃないかと思うんですよ。

 

しかも、もし朝(深夜)派の場合、もしも寝過ごしたら、その日の勉強はゼロですからね。もちろん、留学準備中って気を張っていることが多いので、そうそう寝過ごしたりはしないんだろうけど。

 

ただ、頭のすっきり度合いという観点では、そちらの方がbetterなんでしょうけどね。正直、昼休みの勉強中も、夜11時頃の勉強中も、ただただ超眠かった、という記憶ばかりなので。

 

・・・でも、そう思っているのなら、数週間、早朝に起きて勉強をしてみる、という生活をなんで試してみなかったんですかね?自分。なかなか能率が上がらないかも、と思ったら、別のルーティンを試して、PDCAを回すべきだったんですよね。

 

サンクコストバイアスってやつかね、これ。もう何か月かこういう勉強習慣を貫いてきたし、あと数か月で結果(点数)を出したいし、これから新しいことに挑戦しても・・・。という、今思えば、過去に引きずられた近視眼的行動をしてしまって、勉強法に限らず何かと損をしてしまったなと反省しています。TOEFLにこだわりすぎて、IELTSを頑なに拒否していたのも同様の心理でしたし。

 

というわけで、今留学を目指して勉学に励まれている皆様は、僕と同じ轍を踏まぬよう、中長期的な視野を持った行動をお勧めします。

30歳オーバー・社費で、これからMBA留学準備をするか否か

「年齢は30歳を超えていて、社費です。この状況で、今から会社の留学制度に申し込むことが本当にプラスなのか。しかも、仕事自体はそれなりに楽しいと思っている。」

 

こんな問いを友だちからもらったので、僕なりの思いを箇条書きで殴り書きさせてもらいます: 

・具体的なテーマとか目標があれば、準備期間含め仕事と本気で向き合えない期間が2年超あっても、ペイできる資格?学位?だと思いたい。

 

・最近はどこの学校もentrepreneurship重視だから、副業を含め、何か新しいことを人生の中でやってみたいという思いがぼんやりとあるなら、会社に戻るという逃げ道?保証?がある中でスタートアップの勉強(digital marketingとか、ビジネス案のピッチとか)をバシバシできるのはまたとない機会。 

 

・でもそういう勉強は、日本でも、最近流行りのオンラインサロンとかで出来ないの?と言う考えもあるし、ぶっちゃけ、そっちの方がインプットのクオリティはいいのかも。日本語だし。

 

 ・でも、ツーカーで分かりあえる日本人だらけの中で何かを学ぶよりも、uncomfortableな環境でインプット&アウトプットをする方が楽しいor自分を変えるきっかけがつかめる。と思うなら、留学して損はない。

 

 ・仕事もそれなりに経験して30歳を超える中、忙しい留学生活を送れば、改めて自分の人生のpriorityというか、好き嫌いがはっきり分かってくるので、それもまたオモロイ。

 

こんなところでしょうか。

 

留学中ももちろんMBAの意味を考えることはあったけど、帰国後も、ちょいちょいこういった質問はされるので、その都度、頭の整理をブログという場でアウトプットできればなと思います。

クラブ活動

クラブのプレジデントが決まったよ!というメールが自分が所属するクラブから来たのは、今から1~2週間前だったかな?もうそんな時期なんですね。

 

そんな風に書くと、クラブに対して何か思い入れがあったかのように聞こえるかもしれませんが、全く思い入れありません。

クラブには3つまで入れる、というのがESADEのオフィシャルな決まりだったので(2019年現在もそうかどうかは不明です)、いくつかのクラブの説明を聞いたり、実際に3つ所属したりはしたけど、結局、クラブって、就活のためにあるようなもんですからね。しかも、欧州内で。

就活のために特化せず、知識のシェアや(就活とは違った)ネットワーキングも楽しもう!活動を幅変えて、もっと誰でもenjoyできる組織にすべきだ!という思いがあるのなら、そうなるべく行動に移す、組織変革に動き出す、というのがMBA生たるものなんだろうけど、そういうモチベーションが湧くことなく、いずれの3つのクラブも、たま~に開催されるイベントに、たま~に顔を出すだけで、気が付いたら卒業してました。

 

もし、何かイニチアチブをとってイベントを開催したい!人を巻き込んで動きたい!という熱い思いがある方は、ぜひこちらをご覧になってください。

Barcelonaの思ひで:Sarria

日本に帰国するまでは、プライバシーの観点から自分が住んでいる街については多くを語らないようにしていたのですが、カタルーニャを出国(州)?して早1ヵ月、そろそろ情報解禁したいと思います。

 

僕が住んでいたのは、Sarriaという地域です。ESADE、IESE、そしてバルセロナに赴任する日本人家族がそれなりにたくさん住んでいます。IESEさんだと、家族連れ以外の人もちらほら住んでいた印象があります。ここに住んでいれば、自転車でIESEさんのキャンパスまで通学できますからね。

 

ESADE生にとっても交通の便がいい街で、カタルーニャ鉄道(FGC)で大学のあるSant Cugat駅まで15分~20分程度でアクセスできます。

 

そんなSarriaで撮った何気ない写真を、思い出の整理がてら掲載させて頂きます:

f:id:BalEs:20181102232729j:plain

こうやって見ると、本当に真っ青な空ですね。。。懐かしい。ここは、Sarria駅近辺。向かって右手にカタルーニャ鉄道のオフィスビルが鎮座しています。

 

f:id:BalEs:20181102233155j:plain

Major de Sarria (サリア通り)。ここに一通りのショップがそろってます。商店街みたいな感じですかね。大きなスーパーはここの通りにはなくて、サリア通りの外にあります。

f:id:BalEs:20181102233518j:plain

古ぼけた外壁と、カタルーニャ州旗がいい味出してますね。

 

Sarriaだけではなくて、折を見て、また適宜留学中の写真をアップしたいです。

MBA経験をどう活かすか

日本で仕事を再開して間もなく1ヵ月が経とうとしていますが、標題の件については、日々考えながら過ごしています。

 

留学中から予想はしていたけど、やはり、ハードな部分(XYの分析、ZWの知識)は、すぐさま役立つものではないですね。頭の中に「点」として存在はしているけれど、まだそれぞれがコネクトはしていなくて、まぁ、きっといずれどこかの場面でコネクトしてレバレッジを効かすことができればいいね、という程度。

 

一番変わったのは、「意見を言わないと存在価値がない」というマインドがしっかりと醸成されたことかなと感じてます。

もちろんここは日本なので、言いたいことを何でも言うわけにはいかなくて、相手の気持ちを汲み取りながら、時には押し黙る場面もあるんですが、そういった場面の後は、ひどく落ち込んだ気持ちになります(ポイズン状態です)。自分の意見をシェアできなったことに対して。


そんなマインド、留学行かなくたって持てるんじゃない?というお考えの人もそれなりにいるんでしょうが、僕の性格・気質からすると、これが一番の変化だし、こういったアグレッシヴな気持ちを押し出せるようになることが留学を通じて身に着けたいことの一つだったので、その目標は、とりあえず達成できたようで、今更ながらほっとしています。