続・風の歌を聴きたくてスペインに来たのです

運と縁に導かれて、2017~18年にかけてMBA生としてスペイン・バルセロナにて暮らしていた人のブログ

クラブ活動

クラブのプレジデントが決まったよ!というメールが自分が所属するクラブから来たのは、今から1~2週間前だったかな?もうそんな時期なんですね。

 

そんな風に書くと、クラブに対して何か思い入れがあったかのように聞こえるかもしれませんが、全く思い入れありません。

クラブには3つまで入れる、というのがESADEのオフィシャルな決まりだったので(2019年現在もそうかどうかは不明です)、いくつかのクラブの説明を聞いたり、実際に3つ所属したりはしたけど、結局、クラブって、就活のためにあるようなもんですからね。しかも、欧州内で。

就活のために特化せず、知識のシェアや(就活とは違った)ネットワーキングも楽しもう!活動を幅変えて、もっと誰でもenjoyできる組織にすべきだ!という思いがあるのなら、そうなるべく行動に移す、組織変革に動き出す、というのがMBA生たるものなんだろうけど、そういうモチベーションが湧くことなく、いずれの3つのクラブも、たま~に開催されるイベントに、たま~に顔を出すだけで、気が付いたら卒業してました。

 

もし、何かイニチアチブをとってイベントを開催したい!人を巻き込んで動きたい!という熱い思いがある方は、ぜひこちらをご覧になってください。

Barcelonaの思ひで:Sarria

日本に帰国するまでは、プライバシーの観点から自分が住んでいる街については多くを語らないようにしていたのですが、カタルーニャを出国(州)?して早1ヵ月、そろそろ情報解禁したいと思います。

 

僕が住んでいたのは、Sarriaという地域です。ESADE、IESE、そしてバルセロナに赴任する日本人家族がそれなりにたくさん住んでいます。IESEさんだと、家族連れ以外の人もちらほら住んでいた印象があります。ここに住んでいれば、自転車でIESEさんのキャンパスまで通学できますからね。

 

ESADE生にとっても交通の便がいい街で、カタルーニャ鉄道(FGC)で大学のあるSant Cugat駅まで15分~20分程度でアクセスできます。

 

そんなSarriaで撮った何気ない写真を、思い出の整理がてら掲載させて頂きます:

f:id:BalEs:20181102232729j:plain

こうやって見ると、本当に真っ青な空ですね。。。懐かしい。ここは、Sarria駅近辺。向かって右手にカタルーニャ鉄道のオフィスビルが鎮座しています。

 

f:id:BalEs:20181102233155j:plain

Major de Sarria (サリア通り)。ここに一通りのショップがそろってます。商店街みたいな感じですかね。大きなスーパーはここの通りにはなくて、サリア通りの外にあります。

f:id:BalEs:20181102233518j:plain

古ぼけた外壁と、カタルーニャ州旗がいい味出してますね。

 

Sarriaだけではなくて、折を見て、また適宜留学中の写真をアップしたいです。

MBA経験をどう活かすか

日本で仕事を再開して間もなく1ヵ月が経とうとしていますが、標題の件については、日々考えながら過ごしています。

 

留学中から予想はしていたけど、やはり、ハードな部分(XYの分析、ZWの知識)は、すぐさま役立つものではないですね。頭の中に「点」として存在はしているけれど、まだそれぞれがコネクトはしていなくて、まぁ、きっといずれどこかの場面でコネクトしてレバレッジを効かすことができればいいね、という程度。

 

一番変わったのは、「意見を言わないと存在価値がない」というマインドがしっかりと醸成されたことかなと感じてます。

もちろんここは日本なので、言いたいことを何でも言うわけにはいかなくて、相手の気持ちを汲み取りながら、時には押し黙る場面もあるんですが、そういった場面の後は、ひどく落ち込んだ気持ちになります(ポイズン状態です)。自分の意見をシェアできなったことに対して。


そんなマインド、留学行かなくたって持てるんじゃない?というお考えの人もそれなりにいるんでしょうが、僕の性格・気質からすると、これが一番の変化だし、こういったアグレッシヴな気持ちを押し出せるようになることが留学を通じて身に着けたいことの一つだったので、その目標は、とりあえず達成できたようで、今更ながらほっとしています。

ESADE

先日のブログで触れましたが、10月に日本に帰ってきました。ということは、1年制プログラムを有するビジネススクールということですね。Barcelonaで1年制プログラムを有する学校って、一校しかありません。

 

・・・はい。僕はESADEのアラムナイ(仮)です。IESEさんの学生だと、この時期じゃなくて、春先の卒業ですからね。と言うわけで、過去のエントリーを見られる際は、「ESADEのことを語ってるんだな~」という目線を持っていただけると幸いです。

 

さて、スペインでMBAと言えば、IE, IESE,そしてESADEが御三家?で、ランキングで言うと、悔しいですが、ESADEが他2つに劣後します。

 

そんな中、なぜESADEを選んだか。一番の理由は、1年制のプログラムを志望していたこと。この時点で、IESEはoutです。

 

同じ1年制のIEとESADEで何が違うか?

プログラム内容や質など色々ありますが、ソフトな面で言うと、夏休みの有無でしょうか?笑 IEは7月末には卒業式があるので、まとまった夏休みがない一方、ESADEの場合、1年制プログラムの場合でも、8月中はしっかり夏休みがあります。これは、家族で旅行を楽しみたいという願いを持っていた僕にとっては大きなポイント笑

もっとクリティカルな要素はたくさんありますが、ESADEに進学した緩い理由としては、one of the important points.

 

なお、上記で「アラムナイ(仮)」と書いたのは、正式な卒業式は来年3月末開催だからということと、最終授業~成績発表までに約2ヵ月のラグが生じること、という2点です。もし単位を落としてたら、年明け~春先にかけて、レポート等で対応することで単位をゲットする予定です。

 

卒業明けすぐにがっつりと働き始めた中、今更、3,000 wordsでレポート書いてね、と言われて対応できる気がしないので、単位が取れていることを祈るばかりです。

帰国

10月初旬に、全授業を受け終えて、帰国しました。

んで、今は日本で働いています。帰国と言っても正式にはまだ卒業していないし、単位を全部取り終えたかどうかも来月末頃まで不明なんですが、とりあえずは、僕のスペインMBA生活はいったん終了です。

 

ここまでずっと学校名を伏せてきましたが、バルセロナビジネススクールでこの時期に帰国しているのは、「あの」学校しかありませんね。でも、今日の本題はそれではないので、その話題はまた後日。

 

さて、仕事を再開して約3週間経つけれど、仕事上でさっそく留学で培ったmindやエexpertiseをさっそく活かせているかというと、正直、怪しい。少なくとも、「視野を広く、オープンマインドでどんどん自分の意見をシェアするように」ということは心がけたいけれど、どうしても、目の前にある仕事にnarrow downして物事を考えてしまいがち。与えられた仕事をいかにこなすか、新しい分野の業務内容・知識をどうインプットするか、と言うのももちろん大事なので。

 

けど、こうやって、ブログでも日記でも何でもいいから、しっかり文字に書いて自分の行動を振り返って、PDCAを回していくことを心掛けていれば、きっと、留学で学んだ熱情や胆力を発揮できるようになる!・・・はず。

TIE更新完了前の(スペイン)国外旅行

スペイン政府によるのんびり対応の結果、新しいTIEカードをもらう前に帰国することが決定しました。
8月半ばにようやくTIE更新が完了した旨の連絡を受けた(= Resolutionゲット)んですが、9月頭になるまで新しいTIEカードを手に入れるための指紋採取の予約が取れない状況。指紋採取からTIEカードを入手するに至るまで最低1ヵ月はかかるので、カードを手に入れられるのは10月以降。僕、もう日本で働いてるんですけど・・・。

 

ちなみに、TIEの有効期限失効~TIEの更新が完了する前の期間にスペイン国外を旅行するのって、実は結構面倒なんですよね。一応、正式なスペイン国の決まりとして、ビザがいったん切れたら、ビザが更新されるまで出入国しちゃいかん、ということになってるんですよね。

でも、こちらとしては、そういう決まりを知っているからこそ、かなり前広に資料を準備・提出したわけであって、政府側の対応が遅いせいで更新が完了していないがゆえに出入国禁止と言われても、そんなん知らんがな、という憤りを感じるんですがね。。。

 

もちろん、旅行前にきちんとした手続き(Autorización de Regreso)を取れば、TIE更新前でも出入国可能です。パスポートやらチケットやらを持って警察署に行って、「ビザ更新中だけど旅行行ってきます」という証明書をもらえば、法的に問題なくスペイン国外を旅行できます。

 

ただ、この手続きを踏んで証明書をもらったとしても、まず旅行中にこの証明書を見せろと言われることはないですが。あくまでも個人的な体験 & 周りの体験 & ネット上の情報なので、見せろと言われるケースも全くないわけじゃないんでしょうが。
旅行中に身分証を見せる場と言えば、飛行機に乗るとき、もし飛行機に預け入れ荷物がある場合のチェックインカウンター、ホテルチェックイン(たまに)、くらいですかね。それらの中でも、写真が付いているページ以外を見られることはまずないので、その状況下で、「この人はスペインのビザ更新中という状況にも関わらずスペイン国外を旅行している!Autorización de Regresoの証明書を見せろ!」という流れになることはあまり現実的ではないです。

 

そんな状態で旅行三昧の日々を過ごした夏休みも間もなく終わり、ついにMBA生活の最後の1ヵ月を迎えます。実りの多い1ヵ月になりますように!

ひと味違う忙しさ

blogの更新頻度が落ちてます。ぜんぶ、旅行のせいです。毎週のように東欧、南欧、西欧、北欧を飛び回っているもんでして。

 

旅行をするたびに思うんですが、旅って、インプットの機会として最高ですね。この街にはこんな店(ブランド)が進出していて、どんな人がそこに入店していて、この街はこういうインフラ(道路事情、公共交通機関事情、運賃、乗り場の数、バリアフリー環境)が整っていて、リテールの人たちはこういう人種の人が多くてこういう表情をしていて...etc.

 

仕事に直接役立つ知識、感覚ではないんだけど、自分の引き出しがどんどん増えていくのが分かって大変面白い日々を過ごしております。他の大勢のBスクールの皆様と違って家族旅行なので、フライト代等々はそれなりにかかってますが、費用を超える効用をしっかり楽しめてます。